ホームセキュリティ大手4社の特徴比較!

0 Comment

何かと物騒な世の中になり、ホームセキュリティを導入しているご家庭は多いのではないでしょうか?

そのホームセキュリティには、自身で防犯カメラやセンサーを購入して設置する方法のほか、警備のプロの会社と契約し、何か異常事態が発生したときに駆けつけてくれるサービス利用の2つの方法があります。

自身でセキュリティ対策を施した方が費用的には安く抑えられますが、緊急時に不安を感じますよね。そのため、多くの家庭ではホームセキュリティ会社が利用されているのです。

契約することで警備機器の設置から24時間警備をしてくれるので安心・安全に生活できるようになります。

どのホームセキュリティ会社を選べばいいのか?

でも、どのホームセキュリティ会社を選べばいいのか?
当然、どんなセキュリティ会社がサービスを行っているのか知らなければ選びようがないですよね。

ということで、ここからは比較のためにホームセキュリティ会社の大手4社の特徴をご紹介します。

1.ホームセキュリティ会社4社特徴比較

ホームセキュリティ会社の多くは警備会社が提供しているサービスです。
一度は聞いたことがある会社から地域密着型の会社まで、警察庁生活安全局の調査によれば全国でホームセキュリティサービスを提供している事業者は約650社以上あるとされています。

ホームセキュリティ大手4社の特徴比較!

それだけ会社があれば、比較しようがありませんよね。
そこで、数あるホームセキュリティ会社の中で、以下の知名度も高く契約実績が多い会社を4社今回ご紹介いたします。

  1. SECOM(セコム)
  2. ALSOK(アルソック)
  3. セントラル警備保障(CSP)
  4. 全日警

以上、聞いたことがある会社ばかりですよね。では、それぞれの特徴を見ていきましょう。

SECOM(セコム)

SECOM(セコム)は日本で初めて警備保障を始めた会社であり、ホームセキュリティ業界の中でNO.1の契約実績を誇っています。

最大の特徴は圧倒的な緊急発進拠点を保有していること、その数何と全国2,800ヶ所以上に及び、名実ともにNO.1のホームセキュリティサービスです。

セコム・ホームセキュリティの標準プランには、

  • 防犯:センサーによる侵入の検知
  • 火災:煙や温度変化により火災の発生を検知
  • 非常:非常ボタンを押すだけで通報+駆けつけ:緊急時にセコムが駆けつけ

と、この3つの基本サービスが含まれています。

その他、ご家庭のニーズ合わせて以下のオプションサービスも利用できます。

  • 高齢の親の見守り
  • お子さまの見守り
  • 空き巣対策
  • 火災対策
  • 不審者対策
  • 長期不在による空き巣対策
  • 自宅の防犯強化
  • 単身世帯向けサービス
  • 新築の防犯

また、お使いのスマートフォンで自宅のホームセキュリティの状況を確認したり、セット/解除したりといった操作ができます。

セコムは長嶋茂雄さんのCMでもお馴染みなので、名前程度は誰でもご存知ですよね。
とくにかく実績があるホームセキュリティ会社なので、契約して失敗したということがない会社といえます。

ALSOK(アルソック)

セコムに次ぐNO.2の契約実績と緊急発動拠点を誇っているのがALSOK(アルソック)。

緊急発動拠点はセコムには負けるものの、それでも全国2,400ヶ所以上を誇り、現代のニーズに合わせた高度なシステムを駆使して生活をしっかりサポートしてくれます。

戸建て向けサービスとして、

  • ホームセキュリティBasic(戸建て向け)
  • HOME ALSOK Premium(二世帯住宅や店舗・事務所併設の住居)

と、2種類のプランから選択できますが、セコムと同じように以下の基本サービスはどのプランでも利用できます。

  • 侵入:ピッキングやガラス破りなどによる窓・ドアからの侵入を感知
  • 非常:押し売りや急病の時など、非常ボタンを押すだけで通報
  • 火災:火災による温度の変化や煙の発生を感知

通報があれば、自宅に最も早く到着できるガードマンが現場に駆けつけてくれます。

また、制御装置と操作器が1つの端末に集約されているので設置場所を選ばず、スマートフォンで遠隔操作もできるので、外出先からでもセキュリティの開始/解除ができます。

アルソックも、以前は吉田沙保里さんや伊調馨さんなど、レスリングのメダリストのCMがお馴染みですよね。
アルソックも名実ともに信頼できるセキュリティ会社です。

セントラル警備保障(CSP)

セントラル警備保障(CSP)は、契約実績業界NO.3を誇る、名前の通り警備会社です。

戸建て向けサービスは「ファミリーガードアイ」と呼ばれ、以下の6つの管理機能が標準で含まれ、24時間365日見守ってくれます。

  • 侵入:不審者の侵入を監視
  • 非常:身の危険を感じたときに通報
  • 緊急:急に具合が悪くなったときに通報
  • 火災:火災の発生を監視
  • ガス漏れ:ガス漏れを監視
  • ライフリズム:ご家族の生活リズムを見守り

自宅に設置したセンサーが異常を検知すると、CSP指令センターに通報され、直ちに各ターミナルに待機しているパトロール員に急行を要請。救命や消防の訓練を積んだ警備のプロが迅速で的確に対応してくれます。

また、ファミリーガードアイには以下の4つの契約ブランが用意され、予算や家庭のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

  1. フルオンラインプラン:24時間365日CSPが見守り駆けつけるプラン
  2. 在宅オンラインプラン:在宅時と外出時のセキュリティの警戒状態により対応が異なるプラン
  3. 要請出動プラン:緊急時、必要なときだけパトロール員の出動を要請できるプラン
  4. セルフセキュリティプラン:異常が発生したとき自身で対応するプラン

CSPは、セコムやアルソックと比べると認知度は低いものの、警備会社として信頼できるホームセキュリティです。

全日警

全日警は、略称のように感じますが㈱全日警です。
元々は法人向けの警備サービスを行っていましたが、2006年から個人向けのホームセキュリティサービスを開始しています。

ハッピーガードという名称で、4つのプランからご家庭のニーズに合わせて選択可能。

  1. かんたんプラン:緊急時の警備に限定したシンプルなプラン
  2. おでかけプラン:緊急時の警備に加え、外出中の不審者の侵入にも対応したプラン
  3. いつでもプラン:外出中のほか在宅中の警備まで対応し、いつでも安全・安心のプラン
  4. シニアみまもりプラン:居住している人に一定時間動きが見られない場合に対応する一人暮らしのご高齢者に適したプラン

全日警のホームセキュリティ「ハッピーガード」は、空き巣、強盗侵入、火災など異常発生時にビート員(緊急対処要員)が24時間対処。警報を検知すれば即座に駆けつけてくれます。

全日警は1965年創業の老舗警備会社として、セキュリティサービス全般に精通しているので、緊急時にも迅速に対処してくれるでしょう。

2.まとめ

物騒な世の中になり、ホームセキュリティ会社の需要も年々高まっています。

今回は、最大4社のセキュリティ会社の特徴をご覧いただきましたが、いずれの会社も元々は警備会社としての実績は豊富なので、24時間365日安心して生活できるようになります。

それぞれ特徴を駆け足でご紹介したので、詳しいサービス内容などは各ホームページでご確認お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です